超一流有名ブラック企業 : ハローワーク和歌山および和歌山労働基準監督署  ハローワークの求人票にてブラック企業の見分け方




http://ja.yourpedia.org/wiki/ブラック企業の一覧

 ③別格 参照


紹介状の下にある、紹介者名(職員名)で、フルネームの人は正規職員、苗字だけの人(主に女性職員)は非正規職員です。



ハローワークの求人票

 フルタイム・パート : パートは主婦希望 

 ハローワーク和歌山職員および事業所の採用担当者は

   『男がパート選んでどうすんねん。 30歳過ぎたら嫁・子どもを養っていかんとあかんやろ? 男としてのプライドないのか?』

   『調理を含めて全てのパートは主婦向けの仕事に決まってるやん、何、考えてるの? 』

 名誉棄損罪の犯罪行為なので、100% ブラック企業


 履歴書不返却・事業所にて責任破棄 → 個人情報の履歴書・職務経歴書を悪用(オレオレ詐欺にて学校の名簿を入手している悪徳企業に横流ししてお金を貰っている可能性大)している可能性100%

  100% ブラック企業認定


 職種 : 事務職全般、軽作業、調理 は事業所の意向により女性希望、女性のみ とハローワーク和歌山の職員専用パソコンのコメント欄に入力済み。

  → ハローワーク和歌山は、全事業所の意向『事務職全般は女性のみ、女性希望』の旨を、ハローワーク和歌山 職員専用パソコンに入力し、男女雇用機会均等法5条違反する全事業所の男女雇用機会均等法5条違反を黙認。


  上記職種(事務職全般、軽作業、調理など)で『書類選考』と記載 → ブラック企業 認定

   つまり、事務職全般、軽作業、調理などで、男性求職者の面接時間がもったいないので、出来レース(女性しか採るつもりない)で『書類選考』にして、経験10年以上ある男性より経験ない女性を採り、男性の紹介状には

   『事務経験がない、短い』 

   『年齢が高い』 

   『転職回数が多い』

 と虚偽記載(私文書偽造罪で犯罪行為)してハローワークに返送。

  ハローワークは紹介状の返事にてどちらの性を採用しているかわかっている。 つまり事務職全般は女性を採用しているのを理解している。

 ハローワーク雇用保険適用課も、雇用保険加入事業所の男女比率にてどちらの性別を雇っているか推測できる。



 仕事の内容 : お茶くみ、トイレ掃除 と記載

   → 女性希望

   100% ブラック企業 認定


 休日 : シフト制 → 小学生の子どもがいる主婦は平日(月ー金 の9:00-16:00頃)勤務で、土日祝が休み

    男性は平日の12:00-21:00勤務 および 土日祝は必ず出勤

 つまり、シフト制 は、100% ブラック企業 認定


 従業員数 :  女性数が多い → 女性希望

   → ブラック企業の可能性100%


 賞与 : なし もしくは 寸志(3000円以下)

   → ブラック企業の可能性100%


 交通費 : なし もしくは 月2000円以下

    → ブラック企業の可能性100%


 雇用保険 : なし → 100% ブラック企業 認定


 試用期間 : 3か月 その間は最低賃金

   → 100% ブラック企業 認定

      労働基準法上の 試用期間は14日

 

 求人票と、雇用契約書の内容の相違

   → 100% ブラック企業 認定

     職業安定法65条8号違反で犯罪行為のため、検察庁へ法律違反の旨を届ける。

     ハローワークは職業安定法自体を知らない。

     知っていても、知らないフリをする。


 その他 : 『法学部卒はいらない』 『親・親族に弁護士はいるか?』 という事業所

     → 100% 労働基準法や男女雇用機会均等法5条違反、職業安定法65条8号違反、所得税法226条違反、をしているので、法律違反で訴えられるのが困るので、法学部卒や、親・親族に弁護士がいる求職者はいらない

 こんな事業所 → 100% ブラック企業 認定


参照:

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n350205


和歌山労働局 (1).jpg

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

  • ブルマーを履いてくれた女性有名人 : 大島麻衣