自宅はBフレッツ(マンションタイプ)を使っています。ご存知の通り、BフレッツではIPv6配って、しかもNTT東の貸与ルータでは止められない。弊害としてはIPv6のサーバーに接続しようとすると、タイムアウトが起きることがあるそうです。
Internet Explorer などで NTT 東日本、NTT 西日本の IPv6 閉域網に接続している環境でタイムアウトが発生する
昨年のWorld IPv6 Dayの総括でもいろんなことやった報告がありましたが、それでいいのかという気もします(詳しくないので、読んだ感想)。
World IPv6 Day 2011年6月8日 IPv6トライアル
通常のご家庭には関係ないんじゃね?と思っても、もう少ししたらWorld IPv6 Day第二弾が始まり、著名なサイトではこれからずっとIPv6でのアクセスが可能になるそうです。すぐそこにあるIPv6。
World IPv6 Launch 2012年6月6日
Bフレッツを使っている多くの家庭では上記のようにタイムアウトが起きるといった可能性がありますが、我が家ではActive Directoryを使っているので輪をかけてかなり困ります。なんせ、NTTのルーターが勝手にNTTのDNSサーバーをアナウンスしてくれるので、ご家庭内ネットワークの名前解決が正しくできない。対策としてはいくつか考えられます。

  • IPv6をnetshコマンドで無効にする(Windows Vista、Windows 7、および Windows Server 2008 で特定の IPv6 (Internet Protocol version 6) を無効にする方法)
  • KB2551233のサポート情報に従ってポリシーテーブルを設定する
  • IPv4をIPv6より優先にする(参考:IPv4 を IPv6 より優先にする)
  • 間に一段ルータを入れてNTTからのIPv6をフィルタリングする

結局全部のマシンに展開するのもあれだということで、多段ルータにしてしまいました…。個人的には元のルータに手を出しにくくなるので、あまり好きじゃないのですが、NTTに負けました。ネイティブ方式とやらを契約しようかとも思ったのですが、マンションタイプでできたんだっけ?